FC2ブログ

*All archives   *Admin

2009.10.21 (Wed)

【フランクフルトモーターショー09】これがBMWの考える未来のグリーンスポーツカーだ!!

m_128897_1.jpg
BMWは29日、コンセプトカー『ヴィジョンエフィシエントダイナミクス』の概要を明らかにした。ターボディーゼルにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドのスポーツカーで、0-100km/h加速4.8秒、最高速250km/hのパフォーマンスと、欧州複合モード燃費26.6km/リットル、CO2排出量99g/kmの環境性能を両立している。

「エフィシエントダイナミクス」とは、BMWの走る歓びを維持しながら、環境性能に最大限配慮しようというBMWの企業精神。そのスローガンを冠したコンセプトカーは、時代の要請に見合った「グリーンスポーツカー」だ。

パワートレインは、1.5リットル直3ターボディーゼルに2個のモーターを組み合わせたハイブリッドで、4輪を駆動。家庭用電源から充電可能なプラグインハイブリッドとした。

ミッドシップに置かれるエンジンは、新開発の1.5リットル直3ターボディーゼル。高圧直噴システムや可変ジオメトリーターボなど、BMWの最新技術が導入され、エンジン単体での最大出力は163ps、最大トルクは29.6kgmに達する。

モーターはフロントとリアに、1個ずつの合計2個搭載。それぞれが前輪と後輪を駆動する4WDとなる。トランスミッションは、『M3』『Z4』で定評のある「DCT」(ダブルクラッチトランスミッション)で、6速仕様が装備された。

リアモーターは、エンジンとDCTの中間にレイアウト。最大出力51ps、最大トルク29.6kgmを発生する。フロントモーターはフロントアクスルに置かれ、最大出力80ps、最大トルク22.4kgm。ただし、オーバーブーストモードでは最大10秒間、最大出力を139psまで高めることができる。どちらのモーターも減速時には回生ブレーキとして作動する。

2次電池はリチウムイオンバッテリーで、蓄電容量10.8kWh、定格電圧364V。充電はフロントフェンダーに設けたソケット部から行い、家庭用の220Vコンセントなら約2.5時間、380Vの急速チャージャーを使えば、44分で完了する。

ターボディーゼルと2個のモーターを合わせたトータル出力は、356ps、81.6kgmを非常に強力。この結果、ヴィジョンエフィシエントダイナミクスは、0-100km/h加速4.8秒、最高速250km/h(リミッター作動)という1級スポーツカーにふさわしい性能を獲得した。

それでいて、欧州複合モード燃費26.6km/リットル、CO2排出量99g/kmと環境性能もトップクラス。また、モーター単独で最大50kmをゼロエミッション走行でき、ディーゼルハイブリッドの最大航続距離644km/hと合わせ、ヴィジョンエフィシエントダイナミクスは、燃料満タン状態で最大694kmを走行できる。

F1などモータースポーツで得たノウハウを注入し、アルミ製シャシー&サスペンション、ポリカーボネート製ルーフ&ドアパネルなどを採用。重量は1395kgに抑えられた。また、その未来的なフォルムはエアロダイナミクスを徹底的に磨きこんだ成果であり、空気抵抗を示すCd値は0.22を達成した。

ボディサイズは全長4600×全幅1900×全高1240mm。『3シリーズセダン』(全長4540×全高1800×全高1440mm)と比較すると、ヴィジョンエフィシエントダイナミクスの低いシルエットが際立つ。サイドドアは上方に開く方式で、ガラスルーフを導入。ヘッドライトとテールランプには、最新のLED技術が応用されている。

大胆な曲線を使った2+2シーターのインテリアも、未来感覚にあふれたもの。必要な情報はフロントウィンドウのヘッドアップディスプレイに表示することで、計器類をなくし、シンプルな空間とした。アルミ製シフトレバーやケブラー製シートなど、ボディと同様、室内の軽量化が推進された。

さらに、車両の各種データを収集し、ナビゲーションの走行予定ルートに照らして、エンジンやモーター、バッテリーなどのパワートレインのマネジメントを最適化するシステムも搭載されている。

ヴィジョンエフィシエントダイナミクスは、9月15日に開幕するフランクフルトモーターショーで正式発表。このまま市販化されることはないと思われるが、この技術が、BMWの今後のスポーツカー開発に生かされるのは間違いないだろう。


スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 車・バイク

00:32  |  BMW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.20 (Tue)

BMW Z4、デザイン賞を受賞---米IDEA賞

t_127689_3.jpg
BMWジャパンは24日、新型『Z4』が世界的に有名なデザイン賞であるIDEA賞(International Design Excellence Award)の銅賞を受賞したと発表した。

この賞は、米国バージニア州ダラスに拠点を置くアメリカ・インダストリアル・デザイナー協会(IDSA)が毎年選出しているデザイン賞。今回、Z4は2009年度の銅賞を受賞した。BMWグループは2000年以降、BMW、MINI、BMW Motorradの各ブランド合計9モデルがこの賞を受賞している。

2009年度のIDEA国際デザイン賞は全17部門に設けられた。工業製品、オフィス用品やコミュニケーション、家庭用品、電気機器といった部門の他に、デザイン・リサーチ・プロジェクトや環境技術の開発も評価対象になる。授賞式は9月26日、毎年マイアミで開かれるIDSAの国際デザイン会議の終了後に開催される。


テーマ : - ジャンル : 車・バイク

23:48  |  BMW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

BMW Z4 新型…初のフルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップを採用

m_123705_1.jpg

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、ロードスターの新型BMW『Z4』をBMW正規ディーラーで5月16日から販売開始すると発表した。

新型Z4のエクステリアは、ロードスター固有の伝統的なデザインを踏襲しつつ、モダンで流れるようなデザインを取り入れた。

長いエンジンフード、ショートオーバーハング、ロングホイールベース、リアアクスルに近く低いシートポジションが特長で、フラットで筋肉質なリヤデザイン、ワイドなトレッドによって、力強さも兼ね備える。ルーフを閉じるとクーペスタイルとなり、ルーフを開けるとハードトップが完全にボディに収納され、エレガントなプレミアム・オープン・モデルとなる。

インテリアは、スタイリッシュで高級感のあるロードスターらしさが漂うデザインを採用した。ダッシュボードやセンターコンソールのデザインをスタイリッシュにした。

ニューZ4には、BMWのロードスターとしては初めてフルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップを採用する。軽量アルミニウム合金製のルーフは、電子油圧制御により、開閉は約20秒間で動作を完了する。これにより、急な天候の変化にも十分に対応が可能で、オープンとクローズを容易に切り替えられる。

センターコンソールにあるスイッチで容易に操作可能なフルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップは、デザイン性に優れているだけでなく、音響特性や空力特性にも効力を発揮する。遮音性は前モデルに対して約50%改善した。ハードトップの採用により、サイド・ウィンドウの面積は約40%、リヤ・ウィンドウは約50%それぞれ拡大している。これにより、ルーフを閉じた状態でも全方向の視界を向上した。

さらにダイナミック・ドライビング・コントロールを標準採用、ギヤ・シフト特性、アクセル特性、ステアリング特性を変化させることが可能で「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」の3段階のモードによるドライビングを楽しめる。

オプションのアダプティブMサスペンションを装備することで、車高は10mm低くなり、ダンパーの伸び側と縮み側それぞれのセッティングが4輪で独立して調整される。これにより、サスペンションのセッティングが最適化され、快適性が向上する。

このほか、大型8.8インチ・コントロール・ディスプレイに表示される日本専用開発のHDDナビゲーションシステム、フルセグ対応の地上デジタルチューナーを標準装する。

価格はZ4 sDrive 23i 2.5リットル直列6気筒DOHC、6ATが523万円。

新車ランキング
中古車ランキング
F1ランキング
人気車ランキング

テーマ : BMW - ジャンル : 車・バイク

07:46  |  BMW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.06 (Mon)

【BMW 7シリーズ 新型発表】写真蔵…740i

s_122390_1.jpg

24日に発表されたBMWの新型『7シリーズ』のモデルバリエーションは、エンジン排気量の違いとボディの長さの違いで4種類。「740i」はターボチャージャー付き3.0リットル直6エンジンを搭載し、最高出力240kw(326馬力)、最大トルクは450nm(45.9kgm)を発揮する。ボディサイズは全長5070×全幅1900×全高1490mm。

国内仕様のモデルでは、前輪のアクティブ・ステアリングに加え、後輪も操舵する「インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング」を全車標準装備する。エンジン特性、シフトタイミング、パワーステアリングのアシスト量、サスペンションセッティングを一括で切り替える「ダイナミック・ドライビング・コントロール」もあわせて搭載する。

新車ランキング
中古車ランキング
F1ランキング
車ランキング





テーマ : BMW - ジャンル : 車・バイク

20:30  |  BMW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |