FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.21 (Wed)

【ボルボ XC60 発売】自動ブレーキ搭載の新型クロスオーバー

m_128044_1.jpg
ボルボ・カーズ・ジャパンは3日、スタイリッシュなクーペとクロスカントリーのスタイルと性能を併せ持つ、ボルボ初のコンパクトプレミアムクロスオーバー『XC60』を8月29日から発売すると発表した。日本で始めて低速追突回避システム「シティ・セーフティ」を搭載し、高い安全性能を実現したモデルだ。

エンジンはフロントに横置きした285馬力、400Nmを発生するターボチャージャー付3リッター直列6気筒。確実なロードグリップ性を発揮するプレチャージ式電子制AWD(全輪駆動)システムと、さらに進化したダイナミック・スタビリティ&トラクション・コントロール(DSTC)が路面状況に関わらず安定した操作性を提供する。
 
今回、日本で初めてXC60に標準装備した低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム「シティ・セーフティ」は、主に渋滞時や交差点で発生する30km/hまでの低速走行時の追突を未然に回避、または追突ダメージを軽減するシステムだ。レーザーセンサーで、約6m先の前方車両の走行状態を常にモニターし、追突の危険性を感知するとブレーキの反応を素早くするためにブレーキをプレチャージ。それでもドライバーが反応せず、ブレーキを踏まなかった場合、シティ・セーフティが自動的にブレーキをかけ、同時にエンジン出力を抑制する。シティ・セーフティは、30km/h以下で作動し、両車間の相対走行速度差が15km/h未満の場合、追突を未然に回避し、両車間の相対速度差が15 - 30km/hでは、追突のダメージを軽減する。
 
このほか、ボルボ初プリ・プリペアード・レストレインツ・システム(PRS)を搭載する。PRSは、シティ・セーフティで活用するレーザーセンサーを用いて、前方車両をモニターし、衝突の危険を察知すると、他の車載技術と連携し、エアバックやロードリミッター付シートベルトを事前に作動準備し、衝突の被害を軽減させるシステムだ。
スポンサーサイト

テーマ : アメ車 - ジャンル : 車・バイク

00:15  |  その他メーカー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kurumadaisuki11.blog16.fc2.com/tb.php/134-6dcaf728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。