FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.21 (Wed)

ベントレー 最上級の新型…車名は ミュルザンヌ

m_128389_1.jpg
ベントレーは16日、米国カリフォルニア州で開催中の「第59回ペブルビーチコンクールデレガンス」において、新型車『ミュルザンヌ』を初公開した。『グランドベントレー』として予告されていた同社の最上級モデルで、2010年の半ばから販売がスタートする。

車名のミュルザンヌとは、ルマン24時間レースの行われるフランス・サルトサーキットに由来。これは1919年に創業したベントレーが、1924‐1930年、ルマン24時間レースで5回勝利していることと関係がある。全長6kmものストレートの終わりに待ち受ける90度のヘアピンカーブが、「ミュルザンヌコーナー」だ。

また、ロールスロイスの傘下にあったベントレー(現在はフォルクスワーゲングループ)は1980年、『シルバースピリット』のベントレー版として『ミュルザンヌ』を投入しているが、今回のモデルとの関連はない。

ベントレーは創成期の1930年、『8リッター』という当時最強のグランドツアラーを発表。最高速160km/h以上を誇り、1931年にかけて100台が生産された伝説のモデルだ。新型ミュルザンヌは、この8リッターがモチーフになっている。

外観で目を引くのは、8リッターから受け継がれた丸型ヘッドランプ。そのデザインは非常に凝ったもので、LEDのデイタイムランニングライトで縁取られているのが確認できる。ベントレー伝統のフロントグリルと組み合わせられ、新しい表情を作り出している。

全体的なフォルムは、クラシックベントレーを現代流にアレンジしたもので、豊かなフェンダーラインや、優雅さを感じさせるリアビューが特徴。ベントレーの精神、「パワー&スピード」が巧みに表現された。

ベントレーは新型について、「1920年代のグランドツーリングスピリットを継承しながら、エレガントなデザイン、伝統のクラフトマンシップ、先進のテクノロジーを併せ持ったピュアベントレー」と説明。内装の写真は公表されていないが、ウッドやレザーなど最高の素材が、ふんだんに使用されるという。

エンジンに関しては「新開発V8」とだけ発表されており、約50年の歴史を持つV8が、新規設計に移行。車両の開発と生産は、英国クルー本社で行われる。

ベントレーはエンジンなどの詳細を、9月に開幕するフランクフルトモーターショーで公表予定。ロールスロイス『ファントム』やダイムラーの『マイバッハ』と競合するハイエンドサルーンの誕生だ。


スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも - ジャンル : 車・バイク

00:23  |  その他メーカー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kurumadaisuki11.blog16.fc2.com/tb.php/139-1a8b0ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。