FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

BMW Z4 新型…初のフルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップを採用

m_123705_1.jpg

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、ロードスターの新型BMW『Z4』をBMW正規ディーラーで5月16日から販売開始すると発表した。

新型Z4のエクステリアは、ロードスター固有の伝統的なデザインを踏襲しつつ、モダンで流れるようなデザインを取り入れた。

長いエンジンフード、ショートオーバーハング、ロングホイールベース、リアアクスルに近く低いシートポジションが特長で、フラットで筋肉質なリヤデザイン、ワイドなトレッドによって、力強さも兼ね備える。ルーフを閉じるとクーペスタイルとなり、ルーフを開けるとハードトップが完全にボディに収納され、エレガントなプレミアム・オープン・モデルとなる。

インテリアは、スタイリッシュで高級感のあるロードスターらしさが漂うデザインを採用した。ダッシュボードやセンターコンソールのデザインをスタイリッシュにした。

ニューZ4には、BMWのロードスターとしては初めてフルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップを採用する。軽量アルミニウム合金製のルーフは、電子油圧制御により、開閉は約20秒間で動作を完了する。これにより、急な天候の変化にも十分に対応が可能で、オープンとクローズを容易に切り替えられる。

センターコンソールにあるスイッチで容易に操作可能なフルオートマチック・リトラクタブル・ハードトップは、デザイン性に優れているだけでなく、音響特性や空力特性にも効力を発揮する。遮音性は前モデルに対して約50%改善した。ハードトップの採用により、サイド・ウィンドウの面積は約40%、リヤ・ウィンドウは約50%それぞれ拡大している。これにより、ルーフを閉じた状態でも全方向の視界を向上した。

さらにダイナミック・ドライビング・コントロールを標準採用、ギヤ・シフト特性、アクセル特性、ステアリング特性を変化させることが可能で「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツ・プラス」の3段階のモードによるドライビングを楽しめる。

オプションのアダプティブMサスペンションを装備することで、車高は10mm低くなり、ダンパーの伸び側と縮み側それぞれのセッティングが4輪で独立して調整される。これにより、サスペンションのセッティングが最適化され、快適性が向上する。

このほか、大型8.8インチ・コントロール・ディスプレイに表示される日本専用開発のHDDナビゲーションシステム、フルセグ対応の地上デジタルチューナーを標準装する。

価格はZ4 sDrive 23i 2.5リットル直列6気筒DOHC、6ATが523万円。

新車ランキング
中古車ランキング
F1ランキング
人気車ランキング

スポンサーサイト

テーマ : BMW - ジャンル : 車・バイク

07:46  |  BMW  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kurumadaisuki11.blog16.fc2.com/tb.php/72-8c0d9221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。