FC2ブログ

*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.01 (Fri)

クライスラー破綻 米・カナダ、1兆円支援 フィアット、当初20%出資

20090501-00000120-san-bus_all-thum-000.jpg

経営危機に陥っている米自動車大手、クライスラーが30日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)適用をニューヨークの破産裁判所に申請したことで、今後、同社はイタリア大手のフィアットとの資本提携と米国政府などの公的支援を受けて早期再建へ向けて動き出す。ビッグスリー(米自動車3大メーカー)の一角が破綻(はたん)するのは初めて。支援の姿勢を強める米政府はオバマ大統領が再建への強い意思を表明した。

 オバマ大統領は「力強い自動車メーカーに生まれ変わるために不可欠なステップ」と声明を発表した。ただ、大幅な合理化によって部品メーカーや販売店に連鎖破綻が及ぶ可能性があり、景気後退が長期化する米経済への影響も懸念されそうだ。

 米政府は運転資金など最大80億ドル(約7900億円)を支援、カナダ政府の支援と合わせて両国で約1兆円を支援する。その見返りとして新生クライスラー株を米政府が8%、カナダ政府が2%それぞれ取得する。クライスラーのナルデリ会長兼最高経営責任者(CEO)は辞任する。

 フィアットはクライスラーに当初20%を出資。小型車や低燃費エンジンの技術を供与し、一定の条件を満たした後に35%に引き上げる。クライスラーが政府融資を全額返済した後、過半数の株式の取得を目指す。全米自動車労働組合(UAW)は55%を取得する。

 自動車産業に関する大統領特別対策チームは、破産法適用とフィアットとの提携で「より短期間で競争力のある自動車メーカーに再生できる」(米政府高官)と判断。事前準備型の破綻処理によって30~60日程度で法的処理を完了できるとし、会社清算のリスクはないとしている。

 米財務省は29日までの債権者団との協議で、債務削減について当初案から約2億5000万ドル減らす新たな案を提示、受け入れ(w)九迫ったが、ヘッジファンドなど一部債権者が拒否。交渉期限の30日を迎えた。一方、大手金融機関など主要債権者は債務削減案に同意。クライスラーはUAWと退職者向け医療費負担の軽減で最終合意した。
新車ランキング
中古車ランキング
F1ランキング
人気車ランキング
スポンサーサイト

テーマ : フィアット車 - ジャンル : 車・バイク

22:46  |  クライスラー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kurumadaisuki11.blog16.fc2.com/tb.php/81-ea8104f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。